着用するだけで美脚効果抜群!と大人気のヴィーナスウォーク。

 

せっかくなら、その効果を長持ちさせたいですよね。

 

今回は、どうしたら出来るだけ長く使えるのか、洗濯方法やその他の裏技など、たくさんご紹介いたします!

 

ヴィーナスウォークの洗濯方法は?


生地の素材によって洗濯方法は変わってきますので、まずはヴィーナスウォークの素材について見てみましょう。

 

ヴィーナスウォークは、

 

ナイロン80%、ポリウレタン15%、ポリエステル5%

 

で作られています。

 

ナイロンがかなりの割合を占めていますね。

 

この素材は元々高価なシルクの代用品としてストッキングに使われ始めたと言われています。

 

 

どんな特徴があるんですかね〜??


 

ヴィーナスウォークの素材の特徴

 

長所⇒丈夫で摩擦に強い

 

短所⇒熱に弱い

 

 

この特徴を踏まえた、ナイロン素材のヴィーナスウォーク、1番いい洗濯方法は・・・

 

やはり手洗い!

 

ランジェリー用の洗剤を使い、30度程度のぬるま湯で手洗いするのが1番です。

 

口コミで見ると、「お風呂に入ったついでに一緒に軽く手洗いしてしまう」という方もいらっしゃいました。

 

 

でも手洗いって面倒くさい・・・。洗濯機じゃダメなの?


 

もちろん、洗濯機で洗うこともできますが、普通に他の洗濯物と一緒に洗ってしまうと、生地を傷めてしまう可能性があるので分けて洗うのがベストです。

 

特に白い物と一緒に洗うのは厳禁。

 

白い繊維がヴィーナスウォークにうつってしまうことも。

 

他の洗濯物とは分けて、洗濯機のドライコースや手洗いコースなどで洗ってあげましょう。

 

ポイント
手洗いがベスト!

 

でもそれが面倒な場合は洗濯機のドライコースや手洗いコースで洗うようにしましょう。

 

ヴィーナスウォークを長持ちさせるための洗い方は?

長持ちさせる洗い方の1番は手洗いでしたね。

 

でも、洗濯機洗いでもヴィーナスウォークを長持ちさせる裏技があるんです!

 

ここでは、できるだけ生地を痛めない洗い方をご紹介します!

 

ネットに入れて洗う

洗濯ネットには、伸び縮みを防ぐ効果があります。ネットはできる限り、目の細かいものにしましょう。また、サイズにも気をつけてください。大きすぎるサイズのものは、ネットの中でヴィーナスウォークが動いてしまいます。今はソックス専用の洗濯ネットが売られていますので、そういった物を使うのがベストです。ネットのチャック閉め忘れにも注意。

 

ネットに入れる時は、裏返してから

ヴィーナスウォークは、裏返してからネットに入れましょう。生地の摩擦や毛玉を防いでくれ、表面を保護してくれます。

 

ランジェリー専用の洗剤を使用する

もちろん普通の洗濯洗剤も使うことはできますが、1番いいのはランジェリー用の中性洗剤です。ランジェリー用の洗剤は一般の洗濯洗剤に比べ、界面活性剤や添加物の使用が少なめ。そのため、生地へのダメージが低く、着用した時の肌触りも格段に良くなります!デリケートな肌の方には特にオススメ!

 

柔軟剤を少量使うのはOK! でも、漂白剤はNG!

一般の洗濯洗剤を使う場合、柔軟剤との併用がベスト。静電気の発生を防いでくれます。反対に漂白剤は生地を痛めてしまうので使わないようにしてください。

 

日光直射の場所に干さない

ナイロンは熱に弱いという弱点があるので、直射日光は避けてください。太陽に直接当ててしまうと、生地の劣化を早めるだけでなく、色が褪せてしまうことも・・特にヴィーナスウォークはブラックなので、色褪せが目立ってしまいます。日陰に干しましょう。

 

ヴィーナスウォークを長持ちさせるポイントは?

洗濯方法で長持ちさせるポイントはお分かりいただけたと思います。

 

ここでは、洗濯以外の方法でヴィーナスウォークを長持ちさせる方法を2つご紹介!

 

ストックでローテーション!

ヴィーナスウォークは、毎日同じものを繰り返し履いていると痛みが早いです。洗い替えを何枚か用意して、ローテーションさせて履くのが1番!靴と同じで、毎日交代で履いてあげると長持ちしてくれます。

 

履き方にも注意!

ヴィーナスウォークは強度が強く、かなり丈夫に作られています。それでも尖ったもので引っ掛けたりしないように注意してください。特にネイルに施したデコレーションが危険です。ネイル自体はきれいに整っていても、デコレーションに引っ掛けてしまうと毛羽立ったり、破れたりしてしまいます。

 

 

今回ご紹介した方法、ぜひ試してみてくださいね!ヴィーナスウォークは、洗濯方法や履き方に気をつけるだけで、長く使うことができます。効果を長持ちさせて、美脚を目指しましょう!